2014相棒元旦スペシャル

2014元旦スペシャル「ボマー」への失望。理由は三つ。 まず残り30分の蛇足。テレ朝の政治色に侵された「相棒」をこれでもか!と見せつけられたこと。 次に中村橋之助の顔に薄気味悪いCG効果使い過ぎ。あれじゃあ「劇場」ではなく「劇画」だ。漫画だ。家中でブーイング。 最後三つ目。真犯人は最もらしくない人、という定番を安易に使用し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本シリーズ大誤審「セーフ」か?「アウト」か? 映像判定アウト! 「セーフ!」と累審の黄金の両腕が横に広がった時は思わず「ヤッター!」とテーブルを叩いたが・・・ あれは確信的「誤審」だ。 累審、今頃部屋に閉じこもっているだろうな。 気持ちはわかるけど、でも「アウトはアウト」だ。 チョンボしてもらって勝ったって楽天の選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「男のヌードショー」が売り物・テルマエロマエ

看板のスチール写真、どこかピンとこないのは、ルシウスの阿部寛が一枚の布を羽織っていること。あれは全裸でいいはずです。なぜならずーっと出ずっぱりの阿部寛はほぼ全場面で「全裸」なのだから。 「テルマエ・ロマエ」ローマの公衆浴場? 思うにこの映画は「阿部寛の全裸」を見せるためのものだったのでは? この映画の楽しさの源は「男たちの全裸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウォシュレット万歳真美ちゃんが主役「テルマエロマエ」

「私もまだまだもがいてみるよ」 そう山越真美が吐いたときが一番のクライマックスだったと思うけど。 今の日本に向けた一番の応援メッセージだったような・・・。 真美の言葉へのお返しであるかのようにルシウスもまた「私もまだもがいてみる」と。 ルシウスはいつも、より良き浴場設計を求め続ける「悩める人」であった。ロダンの「考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

てんこ盛りのテルマエロマエ~感動絞れずーっ~

この映画を人に「ぜひ見たらいいよ」と勧められるかと言うと・・・ 「ウ~~ン」 阿部寛主演!と言うことで「男のロマン」とか「シリアスな社会派ドラマ」とかを期待していったら(なんか最初はなかなか入り込めない)ファンタジーな奇想天外な世界で・・・。まあタイトルの飾り文句に「Fantasy Comedy」とあったなそういえば、と観て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筋肉モリモリ阿部寛のローマ人浴場設計技師『テルマエロマエ』

料金払って映画館まで足を運んだ価値があったか? 80%の価値はあった・・・と思う。古代ローマの臨場感はやはりワイドスクリーンからしか得られない。 残りの20%は「エンディング」のせいだ。カッコよく別れたはずのルシウスが皇居のお堀にまたまたタイムスリップして来るって?! その辺がよくわからない。せっかく盛り上がった感動を削ぐ「蛇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつから「人」に?

2000年の旧科学技術庁の調査によれば、三分の一近くが「受精の瞬間から『人』は形成される」と認識し、さらに五分の一以上が「胚研究は認められない」としている。つまり「胚は人である」という認識が(無意識にせよ)浸透しつつある、と言える。  他の生物同様「ヒトは胚から始まる」。科学的な真実である。しかし「人」となると精神的で社会性を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「環境」が大事か「遺伝子」がモノを言うのか。

 まず背の高さで見てみよう。  世界は実例に満ちている。難しいことを言う前にまず周囲を見回すのが一番だ。  私の夫は6人兄弟だ。上の二人は身長が高く、下の4人は低い。遺伝子的素因としては父親が断トツに背が高い人で(若い時は180センチ以上あったと思われる)母親が150センチにも満たない可愛らしい人であった。  AABBCcとか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

着床前診断

「着床前診断」は認められるのか。 大谷医師除名問題というのがあった。患者の「自己決定」に従い「着床前診断」を行ったのだが、それが医療倫理に反しているとして日本産婦人科医会が(倫理的に)有罪と判決し、氏を会から除名処分とした。そのとき婦人科医会が判断のよりどころとしたのが2004年の科学技術省が制作した「各国の事情」であった。大谷医…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先端医療技術と生命倫理

  人類による自然の改造。マクロ的に見ればそれはヒトの直立とともに始まった。道具・火。文明のおこりとともに人類はこの地球を破壊し改造してきた。住みやすいように。ミクロ的に見れば「自然の改変・操作」はまだ端緒についたばかりと言える。  一つの細胞から遺伝子をコピーしてクローン羊・クローン牛を造り出したのはついこの間のことだ。「いつかは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人へのダブルメッセージ

自分が人生の(自分の)「主人公」でありながら「周囲への愛」をもっとも大事にする生き方。 人間として一番理想的な生き方にも思えるが、はたしてそれは可能なのだうか。 その著名な講師、外国生まれの日本在住者(日本国籍はまだ取得していない)、は壇上の大きなホワイトボードに達筆な漢字で「主人公」と書きなぐった。 「皆さんはご自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電は報告していた!「2号機メルトダウン」

ここが虚偽法報道だ!NHKは確信犯だ NHKニュース 3/14/20:53 経済産業省の原子力安全・保安院によると、外部電源がすべて失われたため原子炉への海水注入をポンプで行っていた。が注水作業ははかどらず、水位が依然上がっていない状態が続いていた。 その後、海水が徐々に入り始めたということで、「いわゆる空だきの状態にはなって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セシウム庭の除染はいつになるのか?

残暑続くが夏はもう終わる。海水浴場から人影が消える。 この海の風景は震災前のものだ。4年前の波立海岸(いわき市四ツ倉) 波立観音(陸のほうにある)の赤い鳥居が海の中に立っている(岩の上にだが)。いわきの観光スポットの一つでもあり、毎年初日の出をここから拝む人も多い。 入りこんだ浅瀬になっているから子供が泳ぐのにも安全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戻らない海『放射能汚染』

福島県の双葉郡という地域は東側が「太平洋」なのです。福島県を三本の川のように南北に分けると、「会津」「中通り」「浜通り」というふうになります。海岸に面しているから「浜通り」なのです。海があり、浜辺があり・・・。つまり漁業の町なのです。昔ほどの勢いはないにしても。 富岡川が海に流れ込む河口付近は穏やかな波も来て初心者サーファ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

3キロ圏内の一時帰宅

ネットのセンセーショナルな話題。 原発から3キロ圏内の住人の「一時帰宅」 高い放射線量のなかを住民は健康への影響なく行ってこれるのか。 大熊町小入野の計測値は年間500ミリシーベルト。これは大きな値だ。日本のの基準値ですら100mSvで「健康被害」が出るレベルとしている。 福島第一原発の作業員ですら許容量は年間250mS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セシウムブレンド牛乳

武田邦彦氏が「牛乳が汚染されている」と自分のサイトで発言して話題沸騰。セシウムおお怖ママたちの不安を煽っている。「汚染された宮城県産の牛乳が西日本に運ばれている」と。 汚染牛乳と西日本の汚染されていないきれいな牛乳をブレンドして、セシウム値の低い牛乳にして販売しているというのだ。大手の乳業メーカーが。 マネーロンダリングならぬセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「災害住宅」と「スマートシティー」

8月21日 興味深いニュースが二つ。 原発3キロ圏内の住民に「災害住宅」 評判が悪い「仮設住宅」の名称を変えただけではないのか、と気持ちざらざら。政府が一生自宅に戻れない(今回の一時帰宅を最後に)住民に「災害住宅」を建ててくれるという。 喜んでいる被災者いるだろうか。「ふざけるな」と思っている人のほうが多いのではないか。ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セシウムの森「放射能耐性」

8月10日、一時帰宅。 国道六号線はあの部分がまだ復旧していなかった。楢葉町と富岡町とを繋ぐ井出川にかかるあの赤い橋の部分。あそこが3.11の巨大地震で陥没したままだ。 広野町体育館から迂回して富岡町に入ったから、バスで40分以上かかった。 ぼらぐち商店手前の停止したままの信号を左折して六国(国道六号線)に戻った。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射能汚染の広がり

チェルノブイリの話である。 事故後の復旧作業にあたった作業者53万人の平均被ばく量(全身=実効線量)は117ミリシーベルトに上った。避難した近隣住民11万5千人の平均被ばく量は、全身=実効線量で31ミリシーベルト、甲状腺では490ミリシーベルトと報告されている。さらに、チェルノブイリに近い、ベラルーシ、ロシア、ウクライナ、の640…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more